HOME>オススメ情報>さまざまな体の不調を改善させるための治療法とは
施術台

インド伝承医学と東洋医学で健康を取り戻す

よく女性誌などの美容関連の記事でアーユルヴェーダという言葉を目にすることがあります。これはサンスクリット語なのですが、日本語に直せば生命の科学という意味で、インドで約5000年前から伝えられてきた医学です。心身療法という捉え方もあります。その特徴はなにかと言えば、年齢や性別に関係なく、誰にでも簡単に行うことができるということです。たとえば、健康のための生活の仕方を始め、身体のバランスの取り方、さらに個々の体質の分類などについて分かりやすく解説しています。東京にはこのアーユルヴェーダの鍼灸や整体を受けることができる治療院があるのです。ストレス社会の現代では、西洋医学では解明できないような病気を引き起こすことがあります。インドの伝承医学アーユルヴェーダと東洋医学の鍼灸、この二つの治療法を同時に受けることで、身体の不調を根本から改善することが可能なのです。

東洋医学的な考えの治療方法

アーユルヴェーダで説かれている内容はさまざまで、そのうちの一つに治療法があります。この治療法は食事や生活環境などによって崩れた身体のバランスを整えるというのが基本的な考え方です。西洋医学と異なる点は化学合成薬などを使わないでハーブや食事法などで治療をする方法になります。また、アーユルヴェーダの考えかたは東洋医学に近いものがあることから、鍼灸や整体などといっしょに受けることができ、今はかなり注目されているのです。東京にはそうした治療院がたくさんあります。どうしてインド伝承医学と東洋医学がいっしょに受けられるのか、そういう疑問を持つ方もいるかもしれません。しかし、これは別に不思議なことではないのです。実はアーユルヴェーダにも東洋医学でいうツボの概念があり、鍼を用いる治療もあります。

広告募集中